【不屈の名作】ジャバロン140の使い方【デカバスキラー】

冬から春にかけて自分が今まで数々の55UPを釣ってきたワームがあります。

それがイマカツのジャバロン140

今では廃盤になり、新しいジャバロンNEOがリリースされております。

しかし昔から旧ジャバロンでいい思いをしている自分は未だに旧ジャバロン140を信頼し、中古で探して見つけてはストックしています。

近年は新しいルアーをインプレしたり新しい釣り方を試してみたくて出番は減ってしまっていますが、いつも2月頃からジャバロンの季節が来るぞ!ってウズウズしてしまうのです。

そんなジャバロン140ですが最近では使っている人をなかなか見かけない。

って事はまた凄くハマる時があるんじゃないの?って思ってます。

この記事では今更感満載なのは100も承知でReo的なジャバロンの使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンクス



本気でロクマルを狙う!ジャバロン140の使い方

ジャバロンが最もハマる季節は春!

年中釣れるジャバロンですが自分の経験からして最もジャバロンがハマる(55以上を狙える)のは春。

具体的には2月の大潮から徐々にジャバロンが効き始めて、3月・4月がピークという感じ。

5月になっても釣れるけど、サイズが落ちてきちゃうので他の釣り方をする事が多いです。

ジャバロン140使用タックル

冬〜春にジャバロン140を使うタックルは最低でもロッドはMH以上で6フィート10インチ以上のパワーのあるロッドがオススメです。

自分の場合はカレイドのスーパースタリオンが最もこの釣りに合っていました。

デプスのバレットショットなんかもいいですね。

リールに関してはノーマルギアかハイギアがオススメ。

ラインは14〜16lb.のフロロカーボンを使用。

スローな釣り方なのであまり太いラインを使うとラインの重さで沈む速度が速くなるのでNG

ジャバロン140使用タックル

ロッド:カレイドスーパースタリオン

リール:20メタニウムや19アンタレス等

ライン:フロロカーボン14〜16lb.

フック:ノガレスフッキングマスター4/0

ジャバロン140の使い方

Reo的ジャバロンの使い方はほとんどがノーシンカーリグ。

これで水深1〜3m以内のシャローに差してくる個体を狙います。

なるべくスローにフォールさせたいのでネイルシンカーを使う事はほとんどありません。

とにかく狙ってるのはデカバスだけ。

自分はずーっとウネウネ泳がす事はせず、止めて間を作る事を意識しています。

なのでノーシンカーのキモは絶対絶対絶対にリールで巻きません。

①キャストしてボトムまでフォールさせる。

②ロッドは寝かせた状態で体の正面(中心)からロッドを90度開くように横に操作してラインスラッグを出したままジャバロンをゆっくりと引っ張るように泳がす。

③元の位置にロッドを戻しながらラインスラック分だけ巻き取る。

巻き取り過ぎるとジャバロンが動いちゃいうので少しラインは弛ませる。

ハイギアのリール使用時には注意です。

この時にジャバロンがしっかり止まっている事をイメージします。(実際に少し止まって超ゆっくり水平姿勢のままフォールします)

そしてまたゆっくりと引っ張りだすと・・・コンッ!!って感じで喰ってきます。

アタリが無ければ同じ事の繰り返し。 

経験上アタリが小さいほど50後半とかデカバス率が高いです。 

アタリがあっても乗らない時は40以下の事が多いのでジャバロン110にすると一撃だったりします。

これ正直言って丁寧にするのはダルいし退屈です。

でも丁寧にできるかで釣果はかなり変わってきます。

実際に足元で引っ張る&止めるを確認してみると喰わせの間がよく理解できると思います。 そして中層で止めるっていうイメージがしやすいですよ。

テキサスリグでの使用

ジャバロン140をテキサスで使用する時はカバーに入れて放置する時とか、カレントの効いてるとこでノーシンカーで反応しない時に5gのテキサスでボトムをズル引きする時が多いです。

釣れるんだけどオスが反応しちゃう事が多いから本気でデカいの狙ってる時はやっぱり中層狙いのノーシンカーがベストかなと。

おすすめのカラー

どんなインプレでも言ってますが、基本的には自分が1番好きなカラー、釣れそうだなと思うカラーを使えばいいと思います。

個人的に実績が高くてお気に入りのカラーはカラーは身切れしにくくて昼・夜安定して釣れるダークウォーターメロンと濁りに強いレバーです。

旧ジャバロンのダークウォーターメロンはサイズによって同じ名前でも色が微妙に違うので要注意です。

140のダークウォーターメロンをおすすめします。

ジャバロンの弱点・モロさはこれでカバー

よく釣れる旧ジャバロンですが、パッケージから出したまま使うとアゴが避けやすくて正直モロいのでコスパは良くないです。

現行モデルのジャバロンネオシリーズではバネが付属されていたりと改善がされていますが、旧ジャバロンはホームセンターで売ってるバネを少し切ってアゴにねじ込んで使いましょう。

これをやるのとやらないのでは耐久性が全然違います!

魚が釣れた時にワームが裂けてしまったら、リペアボンドを使って修復すれば複数匹釣ってもまだ使えますよ。

旧ジャバロン140はどこで買える?

現在ではリニューアルされたジャバロンNEOがある為、なかなか釣具屋さんでも見かける事はありません。

メルカリやオークション等で状態の良いものを探すのが1番です。

とはいえ、さすがにこの旧ジャバロンでいい思いをしている方はは多く現行のジャバロンNEOより旧ジャバロンの方が相場は高めに感じます。

自分は今でもコツコツ買い集めてストックしていますよ。

まとめ

この記事では春に本気でデカバスを狙える旧ジャバロン140について書いてみました。

今さら?って感じですが今だからこそ使ってイイ思いができる可能性は十分にありますよ!

本気で55UP、ロクマルを狙えると思ってますし、全然40cmくらいのバスでも喰ってくるので数も狙えます。

この春は自分もまたこのジャバロン140でデカバスを狙っていこうと思います。

それでは

スポンサーリンク