デジーノスラングsyadyインプレ【LS-C74MHRST】

今年もそろそろデッドスローシーズンがやってきます。

この記事ではデジーノ・スラングシリーズの中からSHADY(シェイディ)のインプレを書いていきます。

スポンサーリンクス



デジーノ・スラングSHADY(シェイディ)インプレ

スペック

シェイディのスペックはこちら

LS-C74MHRST

1/4~2.2oz

MAX25lb.

左スパイラルガイド

価格:¥64.900-(税込)

グリップはEVAとコルクの2種類

特徴としてはソリッドティップが採用されており、左スパイラルガイドでロッド全体でよく曲がります。

自分はEVAグリップを所有していますが、スラングはとにかくグリップの見た目もカッコ良くてお気に入りです。

SHADYを買った理由

SHADYといえばデッドスローに特化したロッドというイメージで自分にはバーサタイル性とかは全く求めていません。

有効レングスが長いのでビッグベイトやスイムジグを少しでも飛距離を伸ばしたい!でもティップの感度、繊細さは極力落としたくなかった。

理想としては7.7ftのサイドワインダーボアコンストリクターGPくらい飛距離は出せるけど、より軽くて繊細なロッドが欲しかった。

極端に言うとレーベントルクチューンのエムスラのフィーリングのままレングスがアップした様なロッドが1番理想。

SHADYよりも少し硬いHOODも所有していますが、有効レングスが短いこと・グリップが長すぎて取り回しは良くないので、意地悪な言い方をすると中途半端でしたが、SHADYは明確に用途を絞れるロッドだと思い購入しました。

バーサタイル性・汎用性の高さを求めるならレーベントルクチューンシリーズのエムスラになります。

しかしエムスラをデッドスロー用にナイロン20lb.を巻いたリールをセットしてしまうとバーサタイル性はどうしても落ちてしまいます。

なのでデッドスロー専用としてSYADYを購入しました。

有効レングスも長く、グリップに長さがあるので脇に挟んでリトリーブできる点もデッドスローに向いているポイントですね。

関連記事

スモラバ〜ビッグベイトまで高次元に扱えるスーパーバーサタイルロッド、デジーノレーベントルクチューンDLT-C611M/HRST1Sインプレッション!これが噂のエムスラ!その実力は凄かった!

現在のタックルセッティング

SHADYで現在試用しているセッティングはこちら

ロッド:デジーノスラングSHADY

リール:21アンタレスDCHG or バンタムMGLHG

ライン:DRTナイロン20lb.

ルアー:ネコソギDSR、DRTスーパーシャトル+スイングインパクト5.8

モラモラ・モラモラBR・モラモラEVO

タイニークラッシュ(ショートトリップ+Vテールのヨタ巻き)

ウェイテッドリグ(スイングインパクト・ハートテール・アンモナイトシャッド)

どれもデッドスローで巻くので引き抵抗が少ないけど、それらの重みをしっかり感じとりたい意図でSHYADY+リールはハイギアで使っています。

ロッド単体だとやや先重りはありますので、現在は21アンタレスDCバンタムMGL(共にリール単体の自重220g+バリアルハンドル87装着で約250g)で使用しており、しっかりと手元に重心がきて扱いやすいです。

基本的にロッドティップを下げた状態でグリップを脇に挟んでリトリーブするので自重が175gの20メタニウムを乗せても個人的には問題ありません。

今後ナイロン16lb.使用時は20メタニウムHGでも使用します。

飛距離とキャストフィール

スパイラルガイドはHOODを使っていた事もあり違和感もなかったですし、SHADYのソリッドティップはムダに邪魔してる感覚はありません。

エムスラを使っていてもそうだけど、デジーノのロッドはビッグベイトを投げる時に繊細なソリッドティップが邪魔をしないのが本当に不思議でならない。

しかし、スパイラルガイドは弾き飛ばすという感じではなくてHOOD同様に曲がり過ぎるというか、気持ち良さはあまり感じない。

キャスト時のストライクゾーンは広いがスパイラルガイド特有のしなり方をするので素早く振り抜くよりは大きなスイミングでゆったり振り抜く感覚。

このキャストフィールはスラングシリーズの特徴でもあり慣れが必要かな?と思います。

無論、2oz程度のルアーであれば怖さや頼りなさは一切ありません。

飛距離に関してはHOODよりも有効レングスは長いものの特別差が出ているようには現時点でのセッティングでは感じません。(21アンタレスDCにナイロン20lb.使用)

そこはちょっと残念なところ。

デッドスローでの使用感

さすがにソレ用といいますか製作者・テスターをされた方々の意図が素人でもよくわかります。

長過ぎる事なく、しっかりと脇にグリップを挟む事ができるし、安定したリトリーブが可能です。

スパイラルガイドのお陰で自然とラインスラッグも作りやすいく、ラインを弛ませたままリトリーブするのが凄くやりやすい。

さらにソリッドティップとの相乗効果でルアーの重みを感じやすく・ウィードにタッチした情報も確実に捉えてくれ、素晴らしい感度です。

但し、感度はいいですが若干先重り感・重さはある分、ティップがより繊細なエムスラと比べると強さを感じてしまいごく僅かではありますが感度は劣ってるように感じます。

それでもしっかりとソリッドティップが仕事をしてくれて、手元まで情報を伝えてくれますよ。

エムスラはデジーノで1番売れているロッドですから、やっぱり比べるとあのロッドの凄さを痛感しますね。

バーサタイル性

SHADYが扱えるルアーウェイトの表記は1/4~2.2ozとなっているのでバーサタイルな巻物用としても使えるか?っていう点ですが、自分の答えは△です。

ここでネックとなるのがグリップの長さ。

例えばピンポイントに1/4ozのスピナーベイトをサイドキャストで打ち込むのはグリップが邪魔になるし、精度も落ちます。

フルキャスト前提だとグリップの長さは気にならないのですが。

バーサタイルに使う事を考えるならお店でSHYADYを触ってみてから絶対に決めた方がいいと思います。

スイミング以外でワーミングに使うことは自分はないかな?と思います。

ロッドのパワー

オープンウォーターで魚を掛けてファイトする分には全く問題ないパワーです。

デジーノブランクス特有の美しい曲がりとロッドの復元力でしっかりとしたパワーを体感できるでしょうし、バラしも減ります。

ただ、ウィードエリアでのファイトは苦戦します。

特に琵琶湖では初冬でもエビモやササバモ等のウィード・枯れウィードの残っているエリアはたくさんあり、ルアーがスタックしてしまったら回収に一苦労です。(SHADYに限らずそうですが)

こういったエリアで魚を掛けて潜られるとかなり苦戦しますので要注意です。

それくらいよく曲がるロッドだという事は購入前に理解しておいた方がいいですね。

HOODとSHYADYを比べると

同じスラングシリーズでHOODとSHYADYで購入を迷っている方もおられると思います。(自分も最初そうだったので)

2本とも所有してみて、思った事。

HOODでデッドスローはできるし汎用性もはるけど、ちょっと中途半端感があり別にスラングじゃなくていいかな?って思います。

ごめんなさい、自分にはそこまで特化したモノが見つけられなかったので。

SHYADYは決してバーサタイル性が高いとは言い切れませんがデッドスローに特化しており用途が明確です。

なので使用用途をハッキリさせればデッドスロー専用はやはりSHADY。

HOODはスラング好きでちょっとバーサタイル性を上げたい人向きかな?って思います。

まぁバーサタイル性と汎用性の両方を求めてるとしたら、今の自分ならHOODは買わずにバーサタイル性が高くデッドスローも抜群にいいレーベントルクチューンのエムスラをおすすめしますけどね。

関連記事

今、話題の裏レーベンことデジーノレーベンLS-C73MHRX HOODのインプレッションです。使用感や特徴、どのような用途に向いているのか?実釣で感じた事を正直に書いております。

まとめ

というわけで、この記事ではデジーノスラングSYADYのインプレを書いてみました。

SYADYは特徴をしっかり理解した上でデッドスロー専用機として1本所有しておく価値が十分にあると思います。

個人的にはスラングHOODよりもSYADYの方が買って良かったと思いますし、満足度は高いです。

2021年11月に再出荷され、今はお店でも触ることができますのでこの冬デッドスロー専用にロッドをお探しの方は触ってみてくださいね。

2022年は生産されず、次回は2023年に生産予定みたいなので、気になってる方!買うなら今ですよ。

スポンサーリンク